バガヴァッド・ギーターの叡智★西川眞知子(全9本)

価格:9,800円
◆ガイダンス編「バガヴァッド・ギーター」について
サンスクリット語で「神の詩」を意味するバガヴァッド・ギーターは、インド思想の精髄と言われています。講座をご覧いただくにあたり、ガイダンスとして概略にはじまり、いくつかの特徴や多大なる影響力を紹介、さらに第1章から第18章までの全章に書かれている文章の概要をわかりやすく解説します。
美しい日本語にも翻訳されているこの書を深く読み解いていくために、ここでお伝えする予備知識の数々は、大いに役立つことでしょう。(約48分)
※本講座をご覧いただくまえに、このガイダンス映像をご覧いただくことを推奨いたします。

◆第1章―第一部
私たちの本性とは、実は普段認識している自己を超越した真の自己であり、その自己をただ「思い出すだけでいい」というのですが、どういうことなのでしょうか。バガヴァッド•ギーターの冒頭に描かれた、闘いの場面から読み解きます。さらに、自己を見失うことによりどのような過ちに辿り着いてしまうのかについても洞察します。(約24分)


◆第1章―第2部
自分自身の真の敵である欲望の本質について、またそれを制御するための道について学んでいきます。さまざまな欲望を制御していくことは、自身の内部における闘いである。ここにバガヴァッド・ギーターの大きなテーマが明らかになります。その先にある「絶対成功」を目指すべき主人公を、神はどのように導くのでしょうか。カルマの意味にも迫りつつ、その解消のために役立つ呼吸法をお伝えします。(約21分)
ワーク:真の自己に気づくカルマの呼吸について


◆第2章―第1部
第2章から語られるのは、宇宙の知性=ブラフマンの姿についてです。インド人にとってクライマックスとされるこの箇所では、この世の全存在と宇宙の知性とが、どのような関係性で結ばれているのかが、壮大なスケールで説かれています。この独特の宇宙観を伝える力強い言葉の数々は、読む人により様々な解釈が可能とも言える箇所なのですが、迷いが生じたとき、人々を根底から慰め、勇気を与えるパワーを秘めていると言えるでしょう。(約20分)


◆第2章―第2部
宇宙の知性から観た、人の死の意味について考えていきます。人は死ぬ瞬間に、日頃考えているようなことを考える。そのことをよく理解して生きることにより、生きながら宇宙のパワーと繋がり、死後に宇宙の知性と一体になることができる。バガヴァッド・ギーターはそう説いています。そのためにはどのように生きればいいのかを、読み解いていきます。(約28分)
ワーク:宇宙とつながるバクティ呼吸について


◆第3章―第1部
第3章は、宇宙意識と真我の合一を目指すための生き方について、絶対真理への探究心を促してやまないバガヴァッド・ギーター独自の哲学的なアプローチになります。物質が持つ三つのグナ=性質〈サットヴァ=純質〉〈ラジャス=激質〉〈タマス=暗質〉について解説、人間として避けては通れないそれらの性質の関係性やバランスの取り方、さらにその先にある宇宙意識と繋がることの重要性を解説します。(約23分)


◆第3章―第2部
2部では1部で学んだ三つの〈グナ=性質〉について、食事、言葉遣い、信仰心、行為などの各場面に対応させながら、具体的に説明しています。さらに魔性と高貴の二項対立を超えた先にある〈梵我一如〉=〈ワンネス〉に至るための様々なヒントが提示されます。
また意外に知られていないヨガの本来の意味や、有効な呼吸法もご紹介します。(約42分)
ワーク:意識の目覚めジュニャーナの呼吸について


◆特典1:意識の完全なる目覚めのマントラ
バガヴァッド・ギータ―において、意識の完全なる目覚めとして紹介され絶対真理を示す「マントラ」を紹介いたします。(約7分)


◆特典2:あなたは「あるヨギの自叙伝」をご存じですか?
ヨガを西洋社会に広めた功績が大きい現代インドの聖者パラマハンサ・ヨガナンダ。
この本は、世界中で読まれ聖者ヨガナンダが「バガヴァッド・ギータ―」を何度も読んでいたことが、文中に登場いたします。
あのスティーヴ・ジョブスが自身のiPhoneに、この本を落としていたのは有名な話です。

『バガヴァッド・ギーター』とは?

『バガヴァッド・ギーター』は、紀元前5世紀頃から紀元前2世紀頃に古代インドに記されたといわれて、長大なヒンドゥーの叙事詩『マハーバーラタ』の中の一部として収められているインドで最も重要視されている聖典のひとつです。内容はインドの最高のバガヴァッド(=神)が変身した神格クリシュナが王子アルジュナに説いてみせたギーター(=詩)で、神の詩と言われています。インド独立運動のガンジーの座右の書であったことは有名な話です。

魂は乗り物をかえて旅を続ける。死はちょうど古い上着を脱ぎ棄てて新しい上着に着替えること。魂は常住、不滅。決して死なない。本当は誰も死なない。『バガヴァッド・ギーター』はこのように魂の永遠性を今なお私たちに熱く語りかけています。


西川眞知子プロフィール

体が弱かった幼少期に多くの本を読み、そこでインドの古典に出会ったことをきっかけに、人間の存在そのものや、精神世界に興味を持つようになる。大学時代にはインド、アメリカなどを訪れてヨガや自然療法を知る。アメリカで活躍したインド人サッチダーナンダ師をはじめ、著名なヨガ指導者に師事し、大学時代からヨガの指導者となる。
アーユルヴェーダ体質別健康美容法と独自な簡単生活習慣改善プログラムを構築し、講演、セミナーおよび健康美容のコンサルティングや商品開発を数多く手掛ける。アーユルヴェーダとヨガを専門としながら、アロマテラピーをはじめとした五感療法や自然療法など守備範囲は広範囲にわたる。共著および著書に「生命の科学アーユルヴェーダ」(農文協)「幸せを呼ぶインドの神様事典」「これ一冊できちんとわかるアーユルヴェーダ」(マイナビ出版)など著書30冊以上。
【西川眞知子HP:http:www//jnhc.co.jp】

このセットのコンテンツ一覧

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる