【音声】第19回 【夏の特別編】2019年8月配信

【吉濱流51のメソッド】人生120年時代を生き抜く

夏に体調を崩しやすい理由

暑すぎて酵素を中心とした代謝の乱れが起きやすい
8月中に「ライオンズゲート」が開かれているために
大量のエネルギーが降り注がれていることでバランスを崩しやすい

その対策

站樁功(たんとうこう)
1.下半身の筋力アップ
2.バランスよく全身のチャクラ、経絡、気脈を開発して
  ライオンズゲートによって乱れたエネルギーを整え、邪気も排泄される

熱中症対策で水を飲む
⇒筋肉量が少ないと貯水機能が低く尿として排出されるため効果が少ないので注意

チャクラは1番から7番だけではなく、全身にある
 

酵素の補足情報

そもそも、体内酵素と食物酵素は「別のもの」
 

站樁功(たんとうこう)を行う上での注意点

正しい姿勢

・足の親指と小指で地面をつかむ
・つま先を逆ハの字(内また内旋にならないように)
・膝を軽く曲げる(少し足を閉じる意識で)
・反り腰にならないように注意
・肩、肩甲骨を少し後ろへ引き手を前に
・つま先へ重心をもっていく

型(肉体)を整えることで精神を整える
・慢性疾患(疲労)やうつなど、首コリをとることで改善されるケースが多い
・かかと重心→反り腰→上半身で体を支える→ 背中から首が異常に凝る→首の動脈を締め付ける→脳が酸欠→抑うつになってしまう

首、肩、背中の筋肉はメンタルに直結している!

後頭下筋群(こうとうかきんぐん)
鍼灸指圧などの治療は、短時間(10~20分)で
頻繁に(3日に一回)受けることで改善されやすい

かみ合わせは潜在意識やフォログラフィへの影響が大きいため重要

疲労の大半は脳で説明できる

関連コンテンツ