ヒマラヤを越える「密」の教え(全13本)

チベット密教へのアプローチ

~1%の人が気づいている内なる叡智を開く鍵2~

講師:箱寺孝彦(213分)、牧野宗永(233分)、西川真知子(114分)、上馬塲和夫(111分):2019年)


The secret wisdom of trance Himalaya

ヒマラヤを越える「密」の教えとは何か?


世界の屋根と言われるヒマラヤ山脈。その周辺には長く口伝で伝わってきた「密」の教えがあります。マンダラ、チベット死者の書などで知られるチベット密教は仏教の中でも独特の形態をもって発達してきたことはご存知のことでしょう。このチベットで育まれた密教は、周辺諸国のみならずヒマラヤ山脈を越え世界に広がり、特に、欧米では大変な人気があります。

1%の人が気づいている内なる叡智を開く鍵

密教とは師から弟子へ、「口伝」で伝えられる秘密の教えのこと。秘密の教えゆえに密教と呼ばれるのです。神秘のベールに包まれ叡智が詰まったチベット密教にスポットを当てます。講師として、チベット密教の僧院で本格的な修行を重ねた2人の日本人、牧野宗永先生(チベット密教ニンマ派)と箱寺孝彦先生(チベット・ボン教)によるチベット密教のエッセンスや瞑想法などワークを交え、インド・アジア圏の知識が豊富なアーユルベーダの第一人者・西川眞知子先生と、医者であり東洋医学の研究者であり大学でも教鞭をとる上馬塲和夫先生によるチベット医学のお話やワークを交えた映像をお届けいたします。

 

●「チベット神秘の教えゾクチェン、「虹の身体」とは?」箱寺孝彦(213分)

●「よくわかるチベット密教の教えと実践~入門編~」牧野宗永(233分)

●「インドからチベットへの道~チベタン・ヒーリング~」西川眞知子(114分)

●「ボディ・マインド・スピリット~チベット医学の神髄~」上馬塲和夫(111分)


※全約671分(11時間以上)の映像です。


箱寺孝彦 プロフィール
1969年神奈川県生まれ。瞑想家、翻訳家。自分自身の心の苦しみに向きあうために、1995年からネパールの首都カトマンズに渡航し、ボン教僧院で瞑想修行をはじめる。ネパール、インド、チベットなどで修行する。ゾクチェンをはじめとするチベット瞑想の数々を習得したあと、チベット人の高僧から伝法の許可を得て帰国。2009年から東京と大阪で「ちいさな瞑想教室」を主宰し、ゾクチェンの伝授をしている。著書『ゾクチェン瞑想修行記』、訳書『光明の入口-カルマを浄化する古代チベットの9瞑想』

牧野宗永 プロフィール
大学の仏教学科卒業後、ネパールのカトマンドゥへ留学し、約8年間チベット仏教僧院に滞在する。五体投地10万回など、過酷な前行を2回成就させ、チベット仏教ニンマ派の伝える密教の教えであるゾクチェンの伝授を受ける。そのほか、チベット仏教ニンマ派の高僧たちから多くの貴重な伝授、灌頂を授かる。 帰国後、チベット仏教の叡智を美術や教育を通して伝える「仏教文化コミュニケーター」として活動している。

西川真知子 プロフィール
インドの古典に出会ったことをきっかけに、人間の存在そのものや、精神世界に興味を持つようになる。大学時代にはインド、アメリカなどを訪れてヨガや自然療法を知り、著名なヨガ指導者に師事し、指導者となる。アーユルヴェーダ体質別健康美容法と独自な簡単生活習慣改善プログラムを構築し、講演、セミナーおよび健康美容のコンサルティングや商品開発を数多く手掛ける。共著および著書に「生命の科学アーユルヴェーダ」(農文協)「幸せを呼ぶインドの神様事典」(マイナビ出版)など著書30冊以上。 
【HP】http:www//jnhc.co.jp

上馬塲和夫 プロフィール
医師、医学博士。昭和53年・広島大学医学部医学科卒業後、虎の門病院内科レジデント。昭和56年、北里研究所付属東洋医学総合研究所研究員。昭和61年、北里研究所臨床薬理研究所勤務。平成8年、シドニー・セントヴィンセント病院心肺移植センター留学。平成11年、富山県国際伝統医学センター次長。インド、チベットの医学の調査研究。平成20年、富山大学和漢医薬学総合研究所・客員教授。平成22年〜、帝京平成大学ヒューマンケア学部・教授。平成23年〜、日本補完代替医療学会理事、同学会学識専門医、温泉療法医、日本統合医療学会認定統合医療指導医。平成30年~、ハリウッド大学院大学教授、メディカル・トータルビューティ研究所所長・教授。帝京平成大学東洋医学研究所・客員教授。著書に『新版インドの生命科学アーユルヴェーダ』(農文協)など多数。「チベット医学の真髄」監訳。

このセットのコンテンツ一覧

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる