お申込みとログインが必要です

0

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルはお申込みいただいた後、ダウンロードできます

  • 高山参考資料.pdf(730.81 KB) 

このコンテンツのお申込みはこちら

このコンテンツが含まれる
セット

講師名から探す

高山宏★アリスに驚け!

“学魔”という異名をとるほど博覧強記の高山宏氏が、「不思議の国のアリス」やルイス・キャロルの特徴や魅力について、縦横無尽に解説します。高山氏は、物語の冒頭シーン、退屈したアリスがウサギを追って穴に落ちるまでの記述を扱いますが、一つ一つのフレーズに、奥深い歴史的背景が広がっていることがわかるでしょう。高山氏の膨大な知性と直観は、精神分析に始まり資本論、博物学、魔術と奇術、時間論、数学、数秘術、地質学、果ては世界初のロンドンの地下鉄に至るまで、アリスとルイス・キャロルを巡る考察は、留まるところを知りません。この稀有な物語に対する認識を飛躍的に深めます。
収録2021年11月、映像:111分)

<プロフィール>
1947年岩手県生れ。翻訳家。その博覧強記ぶりは「学魔」と評され独自の視覚文化論を構築した。東大文学部英文科卒。東京都立大学教授、首都大学教授、明治大学教授、大妻女子大学教授、その後、大妻女子大学副学長を経て現在に至る。『アレハンドリア アリス狩りⅤ』等著書多数、『アルチンボルド』(ジャンカルロ・マイオリーノ)、キャロル『鏡の国のアリス』佐々木マキ・絵、高山宏・訳(亜紀書房)、マガイアー『ボーリンゲン』(白水社)、スウィフト「ガリヴァー旅行記」(研究社)等訳書多数。
 

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルはお申込みいただいた後、ダウンロードできます

  • 高山参考資料.pdf(730.81 KB) 

このコンテンツが含まれる
セット

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる