超日本論特別編「失われた鬼ヶ島 隠岐の島の正体」LIVE配信収録映像≪月刊誌「ザ・フナイ」セミナー≫ 飛鳥昭雄氏

asuka-oki-live-960-540



9/9(金)に開催致しました、超日本論特別編「失われた鬼が島 隠岐の島の正体」飛鳥昭雄氏LIVE配信セミナー収録映像をご覧いただくことができます(「ゴーイチプレミア」会員様見放題)。
 
「ゴーイチ・プレミア」会員様(月額2,800円)は見放題となります。


なぜ、隠岐の島が重要なのか?
かつて日本には名前のない島が存在した。隠岐諸島のひとつ、島後である。「隠された岐(クナト)」の意味を持つ「隠岐」は、古代日本の「国産神話」の元で、実際、隠岐は夫婦を示す「陰陽一対」の島で成っている。島後は無名の「名無し」として日本地図から隠してきた。それが封印された隠岐の意味で、地図から隠された島「オノゴロ島」の正体である!!

なぜ隠岐の島が重要なのか?ai

161124140538_0


月刊誌「ザ・フナイ」で隠岐を特集!隠岐は陰陽道の聖地

古代の出雲大社の本殿だった隠岐の島前の三島のひとつ、西ノ島に鎮座する焼火(たくひ)神社の神紋(社紋)がサイコロの「五」と同じで、籠(この)神社(京都府宮津市)の故・海部光彦名誉宮司が語っていた「当方の神様は、隠岐と毎日行き来しておられます」の相手が、焼火神社と判明している…。

隠岐は出雲の沖に浮かび西は「陰」の島前、東は「陽」の島後の”陰陽一対”の島で、島前は陰数の六角形、島後は偶数の五角形に収まり、ここから「五六(語呂)合わせ」が生まれ、陰陽道発祥の地となった。筆者は、島前の中ノ島に島流しにされた後醍醐天皇を祀る隠岐神社で、明治以前の三礼三拍一礼で開封の儀式を行い、島後でも「オリオンの三ツ星」に配置された伊勢命神社、玉若酢命神社、水若酢神社で…

ー飛鳥昭雄氏投稿引用:マスメディアには載らない情報 月刊誌「ザ・フナイ」電子版ーが☞「ゴーイチプレミア」で2年分以上見放題!☜

失われた鬼ヶ島「隠岐」


超日本論特別編「失われた鬼ヶ島 隠岐の島の正体」
飛鳥昭雄氏LIVE配信収録映像
≪月刊誌「ザ・フナイ」セミナー≫

◆開催収録日: 9月9日(金)
≪動画時間:1時間37分≫

◆価格 5,800円(税込)


「ゴーイチプレミア」会員様は見放題です。
「超日本論ザ・リアル合宿セミナーin隠岐の島 飛鳥昭雄氏(10月8日(土)-10日(月祝)開催)」に、早期お申込みいただきました皆様は、ご招待となります。早期お申込み割引期限は 【9月6日(火)24時まで】 となります。

「超日本論ザ・リアル合宿セミナーin隠岐の島 飛鳥昭雄氏(10月8日(土)-10日(月祝)開催)」とは?☜

◎お支払方法は、PayPal決済(JCB/VISA/master/AmericanExpress/DinersClub/銀行口座振替)、またはクレジットカード払い(VISA/master)、コンビニ払いをお選びいただくことができます。
◎お申込み完了後、中央画面に視聴方法が表示されます。セキュリティ強化のため、クラウド(インターネット)のセミナー開催機能にて「事前登録」をお願いいたします(ログイン要)。ご参加いただくには「事前登録」が必要になりますのでご注意ください。
※クラウド(インターネット)のセミナー開催機能を使用して配信させていただきます。聞き取りにくい箇所がございますことご理解とご承知の程、お願い申し上げます。
 

プロフィール:飛鳥昭雄氏
大阪府藤井寺市で生まれ。アニメーションとイラストの職を経て、1982年に漫画家としてデビュー。以後、サイエンス・エンターテイナーの肩書で、オカルト不思議世界を最先端科学で究明し、多くの若者層の支持を得る。千秋寺亰介の別名で小説も書きながら、200冊以上の本を出し、TV、ラジオ、ネット の世界でも活動している。

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる