第14回 発達障害と新人類(スターチャイルド)を知る 実践編


講師:吉濱ツトム(音声17分:2018年5月:全24回)
※【月額音声配信コース】「人間の研究」にて無料公開中!
お得な 月額見放題コース「人間の研究」https://funai-51collabo.com/courses/5



生きづらさを抱えているあなたへ…
超現実的な解決方法のご提案

 


 

◆応用行動分析 「構造化」

 

◆好きか嫌いかは、その行動をとった先に何があるかで決まる

 

◆怒りは自分の快楽強化にすぎない

 

◆人間の本質、原理を知って対処する

 


地球温暖化への疑問
地球の環境破壊=温暖化は決してイコールではないかもしれない
単純にサイクル(10万年、100万年)


ケーススタディ:構造化
子どもが自ら進んで勉強する環境つくりをした事例
・視覚情報に特化した「構造化」を行った
 構造化…特定の行動をとりやすくする(促す)ための環境作り


・勉強に対して不快学習をさせなかった
 人間は遅い思考(高度な知性の入力、熟慮、仮説、結びつけ)が苦手 
 好きか嫌いかは、その行動をとった先に何があるかで決まる

 
・少しでも本を読んだら「べた褒め」「何らかの褒美」を与える!
 ⇒本を読む=快楽が得られる 
   ⇒本を読むという行動が強化される 
   ⇒勉強が出来る子になっていく

・感情で行動すると悪化する

・怒る⇒鬱憤が晴れる⇒スッキリする(快楽として学習する)
 ⇒自分がスッキリしたいから怒る

 怒る⇒瞬間は行動を起こす=効果が出る⇒怒るが強化される
 怒られる⇒やる気がなくなり怠惰になる⇒更に怒られる


エセ心理学は…
その子は魂が尊んでいるから偏差値教育へ疑問を抱いている…
感性を尊重して自由にさせなさい…
あなたの魂の成長のために…
      

・勉強しない要因は、勉強しなくても快楽(ゲーム、マンガ、アニメ)が得られるから


基本的に人間は、自分のためにしか動けない
物で釣って全く問題ない

人間の本質は聖者ではない…クズであって獣であって怠け者、どこまでも利己的にしか動けない
まずはそれを認め、それを上手に活用する
その代表例が褒美性

原理を無視して理想論を実行していくことは無理難題
 

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる