ホリスティック・レッスン2~潜在能力を開く7つの鍵~ 第4講座 齋藤信子&菅原由香子(全2本)

~2017年9月、とある講演会で、ビタミンCが、抗がん作用や皮膚の美白作用、風邪の予防に効くだけでなく、あらゆる感染症や毒物の中和剤・解毒剤としても効果がある事を、私ははじめて知った。講演者のトーマス・レビー先生が、ビタミンCについて書かれた本の題名は、その名もずばり『Primal Panacea(第一の万能薬)』。そこには、ビタミンCが不治の病をも治している事実が書かれていた。1930年代から、種々のウイルスに対するビタミンC治療の論文が、1950年代からは、種々雑多な毒素に対して劇的な効果を示す論文が、いくつも存在していた。なぜか、それらは、医学界から無視され、徐々に消えて行った。私も知らなかったし、日本の医師で知っている人は何人いるのだろうか?これらの論文を読むと、現行のワクチンや多くの薬は、もしかして必要ないのではないかとさえ思えてくる~…(つづく)。

≪動画時間:1時間47分≫
≪配信開始月:2018年10月≫
ビタミンCが不治の病をも治している!?
衝撃の書『Primal Panacea(第一の万能薬)』


☑ ビタミンCと抗ウイルス作用
☑ 新型ウイルス対応とサイトカインストーム
☑ サイトカインストームと細胞感染症に関するエビデンス
☑ ワクチンの副作用からビタミンCの研究が始まった
☑ インフルエンザワクチンの社会問題

プロフィール
★「異病同治」…夢のような万能薬は本当か!?
「異病同治」は自然療法の中に存在していた!

齋藤信子
自然療法研究家 腱引き師・医師
1960年生まれ。静岡県出身。旭川医科大学卒業。卒後静岡に戻り静岡県立こども病院で研修、ジュニアレジデント2年間シニアレジデント(循環器科)2年間。その後病院勤務を経て、
1995年静岡県榛原郡吉田町で小児科医院開業(マスダクリニック)
2010年医院の土地に畑と果樹園を作り始めた
2011年311以降放射能測定
2014年医院譲渡しニュージーランドに移住。家庭菜園で、自然農法にて各種野菜や果樹を栽培、マオリハーブについて知る
2017年春~冬日本で集中して下記の各種講座受講、
第8期分子栄養学実践講座(認定医)、セロトニントレーナーコース、杏林医学研究所中級講座上級講座、第23期筋整流法集中合宿講座(腱引き師)
2018年現在は、自然療法研究家として、腱引き療法の効果の解明と、ビタミンCの有効な摂取方法について研究中。夫は元歯科医、娘も医師(ビタミンCについて勉強のためアメリカのリオルダンクリニックに2018年7月1日~留学予定)


~多くの方がさまざまな病気で苦しんでいます。西洋医学の医師は患者さんの症状に合わせて薬を処方します。病気の原因を突き止めることなく、体全体を観ることもなく、病気の臓器に焦点を合わせた薬を処方することだけが一般的な医療機関で行われていることは遺憾に思います。病気の大きな原因のひとつとして、世の中にはびこる化学物質が挙げられます。最近は、できるだけ化学物質を避けて生活されている方が増えてきましたが、多くの盲点もあります。日常生活用品に潜む危険性、それを販売する企業や製薬会社の裏側等を皮膚科医の立場からお話しさせていただきます。また、人間の秘めたパワーについて、発揮するにはどうしたら良いのかを言及し、皆様がご自身の力で病気にならない体を作っていただきいと思います。~…(つづく)。

≪動画時間:1時間20分≫
≪配信開始月:2018年10月≫
「本物」を瞬時に見抜く人体の叡智を公開

≪注目のキーワード≫
☑ 消費者に知らされていない事実
☑ 知られざる化学物質が人体に与える影響
☑ 月刊誌「ザ・フナイ」がきっかけになった真実の探索
☑ 断食と食事指導の劇的な効果とは?
☑ 細分化された現代医療から、ホリスティック医療の未来へつなぐ方法

プロフィール
★実体験が物語る!人体は「本物」を見抜くセンサーだった
菅原由香子
1970年、北海道旭川市生まれ。弘前大学医学部を卒業後、札幌医科大学皮膚科、大手美容外科美容皮膚科部門勤務を経て、岩手県一関市に「菜の花皮膚科クリニック」を夫とともに開業。大学時代から20年以上肌荒れに悩み、肌荒れの原因は化粧品の使い方や化粧品に含まれる添加物や、化粧品の使い方にあることを突き止める。さまざまな化学物質を自らの顔につけ実験し、腫れることを数年繰り返して、肌に悪い成分を一切含まない完全無添加の化粧品を開発。何をしても治らない肌荒れに悩む人が噂を聞きつけて、クリニックには日本全国から診療希望者が訪れ、その数は月に1万人に及ぶ。ウェブサイト「お肌磨き研究所」の運営や、スキンケアのための情報サイト「スキンケア大学」で記事監修、コラム執筆などもしている。

このセットのコンテンツ一覧

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる