暁玲華の「知られざる日本~鳳凰の視座より」(全12回プラス5)(全17本)

講師:暁玲華(917分:2019年4月)


古神道研究家の暁玲華が、知られざる日本の古層の秘密や超開運の秘訣など、「鳳凰」の視点で日本という国の素晴らしさ、可能性、役目をメッセージとしてお伝えしていく講座です。




日本は島国で天災の多い国だからこそ、天と大地に感謝し、神祇と共に共存して生きてきました。幸せに生きるために、祈りという知恵が生活に溶け込み、開運術を知らず知らずに習慣としています。しかし、天と地と人が共存する知恵なので、平和にも通じるようなこれから大事になってくる事柄にも関わらず、日本からは消えつつもあります。日本人が長年の期間で培ってきた開運術を見直すとともに、意味を知って生活に取り入れていただければ幸いです。

鳳凰については、私のライフワークなのですが、北天の宇宙から、魂と愛について。そしてこれから何よりも知ってほしいこととしてお話しています。鳳凰が龍をコントロールしてこそ、美しい地球の進化が遂げられるのです。また、神道を研究してきて気がついたのですが、神道は世界の原初的な宗教を最も残した宗教だということです。その神道のルーツもお話します。宇宙の鳳凰から大地の龍、そして、神道の歴史とルーツ、日本に伝わる開運術の数々など、12回ありますので、多くの知恵を紹介できるのではないかと思っています。(by 暁玲華)

<内容>

〈1章〉鳳凰と龍 

◆ 鳳凰 (第1回目約75分、第2回目約69分)
 鳳凰は私の最大のテーマとなってきました。男女の和合から愛と徳と慈悲の世界に導き、不老不死と魂の永遠性まで。鳳凰が導く神人の世界について。

◆ 龍と戦争 (第3回目約79分)
 龍の司る大きな因縁は兄弟同士の争いや戦争に関わることです。皇室の代々の親王霊の祟りや菅原道真、平将門などにもふれ、戦争因縁と浄化方法について。

〈2章〉神道と神社
 
◆ 神社で開運(第4回目約74分)
 神社って素晴らしい!神社で元気になった人、神社で運が開けた人がたくさんいる秘密は?神社で開運する処世術について。

◆ 神道のルーツ(第5回目約70分、第6回目約60分、第7回目約69分)
 神道はいつはじまり、神社はどのように建てられていったのか。神道と神社について暁玲華の神道古代史観。

〈3章〉幸せを呼び込む日本人の祈りと知恵 

◆ 年中行事と開運術(第8回目約65分)
 人生の諸行事、毎月の節句には様々な開運術が秘められています。幸せをよびこむ日本人の知恵のご紹介。

◆ 生活の知恵と風習(第9回目約65分)
 日本に伝わる風習から健康や生活の知恵をご紹介。

◆ 植物・地相(第10回目約61分)
 日本の開運術では植物が使われることが多く、開運する植物には種類があり、植えてはいけない方位が地相では定められています。植物で開運する方法。

◆ 幽界の霊たちと処世術(第11回目約83分)
この世で気をつけなければいけない霊と共存するための知恵。

◆ 言霊・数霊(第12回目65分)
 様々な言葉や数の概念がありますが、生活に役立つ、すぐに使える言霊と数霊の使い方、人生と数霊についてご紹介。

◆特典プラス5
(1)番外編映像・・・本編とは別に12回に渡り語った「番外編映像」をまとめて1本の映像としてお届けします。(82分)
(2)アマビエについて・・・番外編としてコロナ禍で流行ったアマビエについて考察したお話です。(17分)
(3)魂の神社について・・・人は4つの魂の神社を持っているというお話です。(9分)
(4)あなたの天命をしる・・・あなたの生まれてきた意味は?天命をしるヒントを語ります。(14分)
(5)電子書籍「神々を迎える鹿島の海」・・・「ザ・フナイ」2020年9月号寄稿原稿

暁玲華 プロフィール

古神道研究家 、スピリチュアルアーキテクト 
千葉大学工学部建築学科卒。大学時代から興味のあった世界の古代宗教を研究する傍ら、日本の神道や陰陽道、民間呪術等に精通する。神主の資格を持ち、風水師、スピリチュリストとしても活躍。パワースポット研究の第一人者として雑誌、ラジオ、テレビなどに出演。アプリやWEBサイト「暁 玲華99年に一人の霊視力」等がある。著書に「幸せを呼び込むパワースポット」( 集英社)、「鎮宅霊符カード」(VOICE)、「おはらい88の作法」(アスペクト)他多数 。
暁 玲華 HP:http://akatsukireika.net/

このセットのコンテンツ一覧

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる