3月号 月刊誌「ザ・フナイ」電子版≪2020年≫

~マス・メディアには載らない本当の情報~
一冊本体1,650円(税込)

◎お支払方法は、クレジットカード、コンビニ払いとなります。
◎必ず「ログイン」をしてからコンテンツをご覧ください
(51コラボの新しい配信専用サイトになりますので、当サイトを初めてご利用のお客様は「会員登録」が必要となります)
◎決済完了後、当ページ中央画面にて「ザ・フナイ」電子版をご覧いただくことができます。

◆特集

仏教の底力 心と世界を磨く天の道
掃除でつながる一つの世界

松本紹圭 & 西田陽光 & 舩井勝仁
 

◆連載

連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」
reportは、×リポートではない。〇レポートが、カタカナ表記として正しい。国民課題として訂正すべきだ
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰 副島隆彦

連載テーマ「新しい時代への突入」
資源略奪へと暴走を続けるアメリカと世界の「異変」
フリージャーナリスト 古歩道ベンジャミン

連載テーマ「マスコミのタブー200連発」
完全菜食の超人アスリートたち――栄養常識は完全に覆った
地球環境評論家 船瀬俊介

連載テーマ「情報最前線――未来への指針」
GHQを引き継いだCIAの「大和民族分断プロジェクト」‼特別編シリーズ⑫
サイエンスエンターテイナー 飛鳥昭雄

連載テーマ「お金の謎に迫る」
時間とお金の関係を読み解く(14)
『みち』論説委員 安西正鷹

エジプトの謎 第一のトンネル《その㉒》
オリオン形而上学研究所 代表 金原博昭

連載テーマ「“主義”の没落と“もどき”の興隆」
日本経済が確立したエネルギー三面優位(上)
経済アナリスト・文明評論家 増田悦佐

連載テーマ「ぼくらは絶対現金主義……キャッシュレス社会は監視社会と同義語である!」
現金のない社会は暗黒
ジャーナリスト 加藤鉱

頭の記憶と言葉はもういらない 魂の記憶に繋がろう
ISMAC講師 ジュリアン・シャムルワ

水は情報を記憶する「水からの伝言ザ・ファイナル」
I.H.M代表取締役 江本博正
 

◆3月号の見どころを、一部ご紹介

巻頭鼎談
掃除でつながる一つの世界
松本紹圭 × 西田陽光 × 舩井勝仁
――――――――――――――16ページ

舩井 お寺の改革、革命をしておられるのですね。

松本 お寺に限らず、新しい宗教文化をつくっていくことを大事にしています。そう考えれば、私は父を継いでいるのかもしれません。会社を継ぐことだけが父を継ぐことかといえば、そうではないかもしれない。父には好きなことをしたらいいと昔から言われていて、それは父自身も自分で考え、正しいと感じた道を進んだからこそだと思います。その想いを継いでいます。

私は8年前から「未来の住職塾」という塾を主宰しておりまして、2019年からは〝宗教者のリーダーシップ〟というテーマを掲げて講座をつくっています。リーダーシップ論はビジネススクールなどでももちろん語られますし、そういった一般的なリーダーシップを翻訳してお坊さんに伝えるこ
ともやりますが、それだけでなく、宗教者として何を問いとして立てるべきかを考える会です。この塾には宗派関係なく参加者が集まります。

舩井 普通、仏教と一口に言っても、宗派が違えばまったく交流はないものですよね。

松本 そうですね。未来の住職塾があったために、ずいぶん宗派に関係なく交流する「チーム仏教」のような風潮が生まれてきたと自負しています。昨年からは一段階進めて、住職でなくてもいいのではないかと思い、神職の方などにも参加していただきはじめました。宗派だけでなく、宗教自体も超えていきたいのです。


連載
エジプトの謎:第一のトンネル《その㉒》
金原博昭
――――――――――――――116ページ

今月号の記事において、マグダラのマリアがイエスの伴侶であったことが示唆されています。
これは、2003年にアメリカで出版されたダン・ブラウンの長編推理小説『ダ・ヴィンチ・コード』においても強く主張されている点です。

この本は世界的にヒットしました。44言語に翻訳されて7000万部の大ベストセラーとなり、日本国内での単行本・文庫本の合計発行部数も1000万部を突破したのです。2006年に映画化され、それも大ヒットしました。

この小説がフィクションであるにもかかわらず、著者のブラウン氏は、本の冒頭で実在の組織名を挙げ〝この小説における芸術作品・建築物・文書・秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている〟と述べたのです。
そのため、その内容の真偽に関する議論が引き起こされました。とくにカトリック教会の教義に深く関わる部分は大きな反響を巻き起こし、2006年3月には、米国カトリック司教会議(USCCB)により、教義に係わる反論のためのウェブサイトが開設されました。

しかし、セザールが述べているように、ローマ法王庁(ヴァチカン)は、タイム・トラベルに基づいてセザールが作成した報告書の中身が真実であることを認め、〝ローマ法王庁は、それらの事実を何年も前から知っていた〟という返事をアメリカ側に送ったのです。
これは、〝マグダラのマリアがイエスの伴侶であったことは真実である〟とヴァチカンが認めていることを意味します。
 

『ザ・フナイ』ってどんな雑誌?

【マス・メディアには載らない本当の情報】
選りすぐりの豪華執筆陣による、新聞・テレビなどが報道しない世界の裏の動き・情報を、毎月お届けしています。経営コンサルタントであった故・舩井幸雄が、日本と世界の将来を見据えて2007年に創刊した雑誌。

舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。

関連コンテンツ