お申込みとログインが必要です

0

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルはお申込みいただいた後、ダウンロードできます

  • 第20回吉濱流「人間の研究」メモ.pdf(521.71 KB) 

【音声】第20回 吉濱流「人間の研究」

第20回の内容はこちら!

 ※ 決済が完了いたしましたら、こちらのページですぐにご聴講いただけます!
 ※「関連ファイルダウンロード」に収録メモがございます:その中にご質問フォームもございます!
 ※ 次回配信は11月15日前後を予定しております
この番組がまとめて見られる
お得な 月額見放題コース 
https://funai-51collabo.com/courses/5
 

「望むことがすぐに叶うパラレルワールド」を選択するために必要な
「注意制御機能」をさらに強化する「メタ認知」を身につける

「ドリームボード」は半分間違っている!? 

コンプレックスの仕組みと緩和方法

「メタ認知」のトレーニング方法


ATTトレーニング(注意機能訓練:アテンショントレーニング)

願望実現で使われる「ドリームボード」は半分間違っている
・注意機能を鍛えるという前提がない。あくまでも潜在意識への学習が目的 
「パラレルワールドをそもそも選んでしまう方法」とは全く違う

注意制御訓練で使う紙に書く内容について
・細かく具体的に書く必要はない
「望むことがすぐに叶うパラレルワールド」を選ぶにしたほうがまとめて叶う

コンプレックスの仕組みと「緩和方法」
短所ばかりを見る注意制御機能が出来上がっている

トレーニング方法
注意制御機能が強化され、劣等感が緩和される

メタ認知
注意制御機能に加えてメタ認知を活用するとより改善されやすくなる

メタ認知のトレーニング「実況中継」を具体的に解説
例)プレゼンでの失敗
失敗の反芻…その時の感情がよみがえってくる。劣等感も深くなる
自分を一段上から客観的に見下ろす感覚が「メタ認知」


 

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる