本編は有料コンテンツとなります

0

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルはお申込みいただいた後、ダウンロードできます

  • 第5回吉濱流「人間の研究」メモ.pdf(538.44 KB) 

【音声】第5回 吉濱流「人間の研究」

第5回の内容はこちら!

(※決済が完了いたしましたら、こちらのページですぐにご聴講いただけます)
(※「関連ファイルダウンロード」に収録メモがございます:ご質問フォームもございます)
 

応用行動分析 第0回 「脳の健全化」(準備)

「脳の健全化」

1、脳の炎症をとる、セロトニン系を鍛える

2、情緒を安定化させる→脳への物質的なアプローチ

3、心身の変調を抑える→栄養補給


脳が不調の人の特徴
1、セロトニンシステムが弱い
2、脳の免疫細胞が常に異常活性→脳の慢性炎症
3、脳の活性酸素消去能が低すぎる
4、脳の血流が低い(遺伝性がある)


◆セロトニンシステムの改善方法とは?

◆脳の炎症を抑える方法は?

◆脳の血流改善を促す方法は?


脳が健全化されると
・情緒の安定
・応用行動分析がやりやすくなる


有酸素運動の有効性とは?


「脳の炎症を抑える」→今後注目されてくるキーワードです



 

関連コンテンツ