お申込みとログインが必要です

0

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルはお申込みいただいた後、ダウンロードできます

  • 未来フォーラム2024リアル会場当日案内.pdf(247.55 KB) 

【一般/会場参加】日本再生 ほんもの未来フォーラム2024

kazutama-960-540-kouza

【一般/会場参加】7,800円(税込)


こちらは「ゴーイチプレミア」会員様ではない
【一般の皆様専用】のお申込みページでございます。

☞「ゴーイチプレミア」会員様は、専用ページのURL等からお申込みください。☜

会員価格 3,800円(税込)

 あなたは今日、誰のために生きる?日本人に約束された使命が見える

~2024年、新たな1年は、どのような1年になるのでしょうか?
人口減少と健康問題、高齢化、経済格差、環境問題、世界の紛争と安全保障、教育や人材育成…世界と日本は、様々な問題を抱えています。
今、最も知らなければならない情報をお伝えします。
 
 アフリカンペイントアーティストのSHOGEN氏は、アフリカ・タンザニアのブンジュ村の70歳の村長から、2025年までに日本人にとって必要なことについて、教えられます。それは…
「日本人が2025年までに精神的な回帰、本来の日本人に戻ることが必要だ。」

重要なキーワードが「温故知新」です。「温故知新」とは、古いことを調べて学び、そこから新しい知識や見解を得ること。
温故知新は、日本においても古くから大切にされてきた伝統です。たとえば、日本の教育では、古典や歴史を学ぶことに重きが置かれてきました。これは、古い教えの中にも、現代にも通じる普遍的な価値があることを重視しているためです。温故知新は、古いものと新しいものを融合させ、新たな価値を生み出すための考え方です。現代社会が抱えるさまざまな問題を解決するためにも、温故知新の考え方を大切にして、新しい価値を生み出すのです。
 
1年に1度だけ開催される「日本再生ー日本人の使命が見える“ほんもの”未来フォーラム2024」をご覧ください。超プロたちから「日本人へ向けた未来情報」を手に入れてください。確かな「本物」の未来がハッキリと見えてきます。
日本人なら絶対知るべき情報です。~

 

日本再生ー日本人の使命が見えるー
“ほんもの”未来フォーラム2024

◆開催日:2024年3月3日(日)

【スケジュール】
(9:30開場予定)
10:00~10:10 佐野浩一
10:10~11:10 小橋一央氏&吉野内聖一郎氏
11:25~12:35 SHOGEN氏
            SHOGEN氏&佐野浩一対談
12:35~13:35 休憩
13:35~14:45 物部彩花氏
15:00~16:10 山田豊文氏
16:25~17:35 崔燎平氏
(18:00:閉会予定)
 
※プログラム、スケジュールは変更になる可能性がございます。

【一般/会場参加】
◆価格 7,800円(税込)


「51プレミア」会員様は割引価格でご参加いただくことができます。
◎お支払方法は、クレジットカード払い(JCB/VISA/master/AmericanExpress/DinersClub)、コンビニ払いからお選びいただくことができます。

※クラウド(インターネット)のセミナー開催機能を使用して配信させていただいております。聞き取りにくい箇所がございますことご理解とご承知の程、お願い申し上げます。


当日セミナー会場(東京)へのご参加
(収録映像オンライン配信なし)



【当日セミナー開催日時:2024年3月3日(日)】

(9:30開場予定)
10:00~17:35 

お申込みとご入金確認後、「ログイン」いただきますと中央画面に「当日のご案内」が表示されます。
また、 関連ファイルダウンロード  からも「当日のご案内」をダウンロードすることができます。

会場:大崎ブライトコアホール
〒141-0001 東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F  TEL: 03-5447-7130

※ 駅から見て手前の建物「ブライトタワー」ではございません。
※ ビル1階に「セブンイレブン」、道を挟んで真向かいにスーパー「ライフ品川御殿山店」がある建物です。

アクセス
○JR山手線・JR埼京線・JR湘南新宿ライン「大崎」駅より、徒歩5分
○りんかい線「大崎」駅より、徒歩5分
※JR山手線_渋谷方面よりお越しの方は、進行方向『前側』の車両、
※JR山手線_東京方面よりお越しの方は、進行方向『後側』の車両がおすすめ
「南口改札」を出て左、「新東口」方面に直進、以降、道なりです。
駅コンコースからエスカレーターで地上に降り、目黒川を渡って1ブロックです。

▼大崎ブライトコアホール アクセス/施設概要
https://osaki-hall.jp/access/

グーグルマップ

 


 【プロフィール】
kazutama-960-540-kouza

細胞の機能を、細胞自身が求める極限にまで高める栄養素や環境を提供することにより、人はだれでも最高に健康に生きることができる。それこそが予防医学、治療医学のベースになるという独自の理論『細胞環境デザイン学』を提唱。
幼児教育、医療、美容、スポーツなど様々な分野でもこの理論を展開し、多くの有名アスリートや芸能人、政治家など各界の著名人からも絶大なる信頼を得ている。また、その理論を日本に広めていくための人材を育成する「杏林アカデミー」を2013年より開講している。

kazutama-960-540-kouza

京都府生まれ19歳でアルバムデビューニューヨークでジャズ、ゴスペル、ソウルを学び、2009年リリースのアルバム「Dear Souls」がスウィングジャーナル誌選定ゴールドディスク賞を受賞、翌年にジャズディスク大賞録音賞を受賞。
美空ひばりの未発表曲「魂のかけら」を歌い継ぐ唯一の歌手として認められ、2013年『THE LADY OF SOUL』をリリース。その歌唱力から数々の公式イベントや大使館の祝典で各国の国歌を歌い、国際親善にたずさわる。令和元年「天皇陛下御即位 御大典 記念演奏会」にて陸上自衛隊音楽隊の演奏による国歌斉唱を務める。物部という由緒ある家柄の血筋に導かれ、和音メンバーと共に、出雲大社、物部神社、賀茂神社などで奉納合唱を行う。

kazutama-960-540-kouza
江本勝著「波動の真理」に感銘を受け、1996年から波動カウンセラーとして1万人以上のクライアントのカウンセリングを続ける中で、“数が持つ意味”を探求するようになる。
独自の「数霊理論」を発見し、オリジナル波動測定器「数霊システム」を開発する。現在、各地でセミナーを展開しながら、波動オペレーターの養成を行っている。
【著書】 潜在意識を変える「数霊の法則」(知道出版) 宇宙の流れに乗る生き方「続・数霊の法則」(知道出版) 数霊コードが縄文ゲートを開く(ヒカルランド)

kazutama-960-540-kouza

1986年、京都府京丹波町生まれ
ある日「ティンガティンガ」というアフリカのペンキ画に心惹かれ、翌日には会社を辞め、何の伝手もないまま単身アフリカへ。ティンガティンガ村からブンジュ村へ渡り、そこで村人と共に生活をしながら絵の修行を許された「唯一の外国人」として絵を学ぶ。
また同時に、村長を始め村人たちとの交流により「人の生き方の本質」を学び、帰国後は個展やワークショップで全国を回りながら、「日本人の素晴らしさ」「幸せになる生き方・考え方」を伝えるべくトークショーを精力的に行っている。ティンガティンガの「人々を幸せにする絵」という精神のもと、「SHOGEN流」として、国内外で個展を開いている。また小中学校や神社仏閣、各種施設などでワークショップも開催している。

kazutama-960-540-kouza

1954年岡山市生まれ
岡山大学法学部卒、オハヨー乳業(新規開拓担当)及び三井物産系化学プラントエンジニアリング会社(クロリンエンジニアズ~経理財務担当)を経て、1988 年 より人材教育コンサルティング会社にて潜在能力開発教育に従事。
1994年に「心と体の健康コンサル」をテーマとした㈱マインドフィットネスを設立し、 美と健康関連の機器・商品の企画・製造・卸販売を行うと共に熊崎式姓名鑑定・宿曜術・一人O リングによる前世リーディング等の手法を用いて経営者の経営相談・人生相談も手がける。

kazutama-960-540-kouza

サラリーマン時代に運命的な占い師との出会いから人生が激変。これまで6万人以上の人たちに生き方のアドバイスを伝えてきた。「嬉しいときは共に喜び、哀しいときは寄り添ってくれる」「人生のどん底にいる人でも、目標がある人には、情熱的に好転するための“きっかけ”をアドバイスしてくれる」などの声が多く、彼との出会いから人生が激変し、開運する人が続出。現在は、自らの事業経営のほか企業の顧問アドバイザーや講演活動が中心の日々をおくる。著書に『99%の人生を決める 1%の運の開き方』『50000人を占ってわかった愛を叶える人 見離される人』『金運の正体 50000人を占ってわかったお金と才能の話』(以上、内外出版社)がある。

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルはお申込みいただいた後、ダウンロードできます

  • 未来フォーラム2024リアル会場当日案内.pdf(247.55 KB) 
今すぐ申し込む 購入済の方は、ログインするとご覧いただくことができます

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる