飛鳥昭雄「超★日本論」第4回目・神道(後編)

飛鳥昭雄「超★日本論」
(全12回プラス1)

講師:飛鳥昭雄(全830分:2018年)



日本は世界最古最大の呪詛大国!
〝  「呪詛」というと「呪い」「祟り」と思われますが、皆様の名前も「呪【しゅ】」による呪縛で、「襲名【しゅうめい】」「暖簾【のれん】分け」も呪縛の移譲を意味します。

「和を以て貴しとなす」も「和」という呪の供用で、呪の中で等しく生活が保障される意味で公と民は呪を介した「暗黙の契約」を結ぶわけで、公には民を守る責任が伴います。その最大の公が「天皇家」で、民は和の呪を守る為「国体維持」に協力するわけです。呪詛は挨拶の中にも存在し、日本人のお辞儀は「自分の首を差し上げます」という呪を相手にかけ、相手もお辞儀をして「呪詛返し」を行い、共に和を共有する儀式です。” (by飛鳥昭雄)

飛鳥昭雄先生がこの講座で明らかにしていく呪詛とは、この国を形作っている本質的な部分、枠組みのようなものです。つまり呪詛とは日本人の文化、日常、習慣であり、一方的なマイナスイメージだけではなく「陰陽一体」に見られるように、同じ分量のプラスを以て成り立つ仕組みなのです。それこそが現代人の忘れている呪詛の仕組みであり、この「超日本論」で解き明かされます。 

この日本は脈々と国の歴史を重ね世界でも類をみない歴史を持った国です。その日本を創っている目に見えない本質的な部分(=呪詛)を、飛鳥昭雄先生が独自の視点で明らかにし、私たちが住む日本という国の素晴らしさ、可能性、役目をメッセージとしてお伝えしていくというものです。

【内容】(全12回プラス1)
※収録音声の状態が、あまりよくないのであらかじめご了承ください。
●1  回目:仏教(前編)60分 
●2  回目:仏教(後編)57分
●3  回目:神道(前編)60分
●4  回目:神道(後編)57分
●5  回目:冠婚葬祭(前編)62分
●6  回目:冠婚葬祭(後編)75分
●7  回目:民俗的風習(前編)60分
●8  回目:民俗的風習(後編)69分
●9  回目:日本古代史(前編)61分
●10回目:日本古代史(後編)52分
●11回目:皇室(前編)65分
●12回目:皇室(後編)59分
●プラス1(特典):飛鳥昭雄「プラズマの世紀」(2008年・船井オープンワールド講演映像・約90分)


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/tgFBJ9rGCfw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

飛鳥昭雄 プロフィール

大阪府藤井寺市で生まれ。アニメーションとイラストの職を経て、1982年に漫画家としてデビュー。以後、サイエンス・エンターテイナーの肩書で、オカルト不思議世界を最先端科学で究明し、多くの若者層の支持を得る。千秋寺亰介の別名で小説も書きながら、200冊以上の本を出し、TV、ラジオ、ネット の世界でも活動している。 
飛鳥昭雄ワールドHP:http://akio-aska.com/

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる