瞑想と癒しのミャンマー★富士川碧砂・新垣玄龍が語る(無料動画)(全2本)

51コラボでは、2020年初頭にミャンマーツアーを企画いたしました。その企画のきっかけになったのは、2つあります。

ひとつは、人気声優と二足のわらじを履き超多忙な開運アドバイザーの富士川碧砂さんが、休暇を利用してミャンマーに旅行行った時の様子を、ご自身のブログで上げていました。その記事の中で、一際目立ったのは、天空の寺院と言えそうなボッパ山の写真。仏教がミャンマーに伝わる前の土着宗教ナッツ信仰の寺院の写真でした。一度は見てみたいそんな気にさせてくれたのでした。

そして、もう一つは元極道で現在、僧侶の新垣玄龍さんと知己を得て、ミャンマーで瞑想修行をしたという話を聞いたからです。ミャンマーは原始仏教に近いテーラワーダ仏教と呼ばれている仏教が浸透している国で、その信仰の核には瞑想が中心にあります。今、はやりのマインドフルネス瞑想は、このテーラワーダ仏教の瞑想が源流にあり、興味を持ったのです。

コロナ禍の中、行動が制限される中、富士川碧砂さん、新垣玄龍さんと、インターネットアプリZOOMを使ってミャンマー談議をしてみました。以下はその動画となります。気ままに成り行き次第で話しているので、気軽にご覧ください。
(by 服部)

<富士川碧砂 プロフィール>

青二プロダクション所属の声優・寺瀬今日子として活躍。代表作はフジテレビ「とくダネ!」テレ朝「世界が驚いたニッポンスゴ~イデスネ視察団」進撃の巨人(モーゼスの母)。一方で霊能者である祖母の能力を受け継ぎ、1年待ちの人気占い師としても活動。的中率が話題となり、BS朝日「オシタマ」テレビ朝日「FUTURE TRACKS→R」で人気アーティストを占う。占いコンテンツ「魂の憑代(よりしろ)」は利用累計50万人。老舗呉服屋の娘に生まれ、和の世界にも造詣が深く、実業の他に着物開運を主とする“開運ライフアドバイザー”としても活躍。著書「運を操る魔法」(扶桑社)「マンガでわかるみるみる運気があがる本」(リンダパブリッシャーズ)「神さまを100%味方にする『開運和柄』」(ヒカルランド)「うらないパーフェクトBOOK」(小学館)など多数。

【富士川碧砂HP:http://fujikawamisa.net】

【YouTubeチャンネル「富士川碧砂の開運大学】
 


<新垣玄龍 プロフィール>

社会参画仏教 現代の駆け込み寺 JAPAN 代表。元極道のエンゲージド・ブディスト(社会参画仏教僧)。沖縄県出身、元極道組織の組長。三畳半の隔離された獄中で覚醒体験をもとに堅気になり、探究のために出家する。エンゲージド・ブディスト(社会参画仏教僧)としてマインドフルネス実践を社会的に体現するため差別、貧困、理不尽などの改革運動を展開する。真言宗、ミャンマー(パオ森林僧院で出家、還俗)。マインドフルネス・ヨガ・音楽を愛する。無頼派歌人としての活動開始。伊勢神宮内宮から徒歩10分、ゲストハウス愚狂庵を運営。伊勢こども&オジーオバー食堂主催。フードバンクISE 代表。

【ブログ:https://ameblo.jp/tomiwaka】

このセットのコンテンツ一覧

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる