お申込みとログインが必要です

0

定期配信

このコンテンツのお申込みはこちら

※このコンテンツは、定期配信コースご契約の方のみ視聴ができます

購入済みの方は、ログインして視聴

このコンテンツが含まれる
定期配信コース

ウィズ・コロナをどう生きるか?第2回目★野田宜成

株式会社本物研究所代表の佐野浩一の「ウィズ・コロナをどう生きるか?」
第2回目ゲストは、株式会社ビジネスミート代表取締役で継続経営コンサルタントの野田宜成先生です。事業を永続させるには会社のトップである社長が、会社の守るべきものを明確にし、効果的な仕組みを作ることが必要であると野田先生は提唱しています。コロナの時代、社会のあり方や変化がスピードアップしました。

「変えてはいけないものは何か?」「変えていくべきものとは?」
事業を継続させるためのヒントが詰まった映像となっています。
※2020年10月28日インターネット会議室アプリで収録した映像です。


◆野田 宜成プロフィール

株式会社ビジネスミート 代表取締役、継続経営コンサルタント
「事業を永続させるには、社長が我社の守るべきもの、変えていくべきのものを明確にし、効果的な仕組みをつくることが重要」と主唱する継続経営コンサルタント。神奈川大学卒業後、日産車体に入社。エンジニアとしてプロジェクトの第一線で継続した品質向上、生産効率の改善に従事。その後、船井総合研究所に転身。不易流行を元とした永く続く企業づくりの指導に邁進する。独立後も継続する経営をテーマに500社以上の企業を指導。短期的な視点だけの数字にとらわれず常に売上を向上し、事業を継続させる仕組みを構築させる。また、経営者のアンテナ代わりとなり、シンガポール、ミャンマー、タイ、台湾などのアジア新興地域、米英などの先進国にも積極的に足を運び継続する経営に役立つ実務を日夜研究。豊富な実務経験と行動力から生まれる視点とその実務は全国の社長から定評を博している。これらの経験を活かし、2005年から2006年、沖縄大学大学院非常勤講師。2011年から2014年、浜松大学経営学部外部講師を務める。

著書『こいつできる!と思われる いまどきの段取り』、『~見えないものがみえてくる~数値力の磨き方』(日本実業出版社)、ビジネス雑誌「プレジデント」への寄稿、シンガポール現地雑誌「JPlus」、日本経営合理化協会へのコラムを連載している。   

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる