お申込みとログインが必要です

0

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルはお申込みいただいた後、ダウンロードできます

  • カタカムナ道場20201016メモ.pdf(492.64 KB) 

このコンテンツのお申込みはこちら

今すぐ申し込む 購入済の方は、ログインするとご覧いただくことができます

このコンテンツが含まれる
定期配信コース

タグ

第63回カタカムナ道場「十言神呪」「中今:いまここ、この瞬間を大切に生きる」

丸山修寛医師の「カタカムナ道場」〜 時空変換の技 〜



(2020/10/16配信号:35分)
※配信窓口右上の 関連ファイルダウンロード より、収録内容をメモしたPDFがダウンロードできます。
次回配信は10月28日前後を予定しております。

 

人間は「ねばならない」にストレスを感じる

「中今(なかいま)」に生きる

今、この瞬間を大切に生きる、集中する。
時間も空間も出来事も自分の意識の中で現れて消えていく
自分の意識を、常に中今につなぎとめておくことができるように

自分とは何か?

一枚の紙みたいなもので、いろいろなものが現れてくるようなもの。その現れを生み出すのも自分
空なるものが現れている。何もない空が、あらゆるものを創造している。
それに気づかせてくれるのが十言神呪

神は24時間体制で、幸せになるように一人一人を拝んでくれている
人間は意識(霊)だから死ぬことはない

日本語の50音は1音1音が神さま

なる=成る・鳴る=音

中今…一瞬一瞬が完成 完成を更新し続けている

神を崇める=感謝になりきる
常に有難さを感じて生きていく

「天之御中主神」と「天照大御神」は不可分

日本語(50音)は1音1音が波動をもち、その組み合わせでできている

50×50×50×50×50×・・・・
言霊を神の情報として発していることになる
だから言葉は大切

言葉がくるってきたときに、十言神呪を言うことで言葉全体を正す

・今中…いまここ、この瞬間を大事にする(完成している)
・神道…無教祖、無教義、無戒律、無偶像、無組織
 八百万の神、大自然、感謝、畏敬の念


 

 

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる