お申込みとログインが必要です

0

プロフェッショナルの視点が身につく「塚澤真聞(しんぶん)」(2022.10.31)



元JPモルガンでトップを極めた稀代の経済アナリスト、塚澤健二氏をゲストに迎え、新聞やニュースの「本当の読み方」を学びます。

塚澤真聞(しんぶん)のしんぶんは「新」しく聞くではなく真実の「真」に聞くという文字を書きます。
ただニュースを鵜呑みにするのではなく、その裏側をしっかり見抜く視点を身につけるためのコーナーです。

※毎週配信! 塚澤健二先生の「生活防衛の教室」 番組内の「塚澤真聞(しんぶん)」コーナーより抜粋。

月額見放題コース「ゴーイチ・プレミア」にて限定公開中!
 
 

◆制限なしの日本のハロウィンは?


◆賃金が物価上昇に追いつかない、6割



(第548回生活防衛の教室より抜粋)




☆制限なしの日本のハロウィンは?

3年ぶりのコロナによる制限なしの日本のハロウィンはどうだったのだろうか。
 
ハロウィンを迎えた週末。
渋谷のスクランブル交差点ではトラブルが続出。
 
多数のコスプレイヤーと外国人であふれ、交差点の警備員への恫喝。
クラブのセキュリティーへの暴行。
飲酒による路上での寝転び。
路上へのゴミが散乱、などなど。
 
そもそも酒類の販売は、ハロウィン期間は特例で禁止しているにもかかわらず、路上で販売し始める店もあり無法状態。
 
隣の国の心配もいいが、自国の民度の心配もしなければならない。



☆賃金が物価上昇に追いつかない、6割

明日から11月となりますが、引き続きの値上げラッシュ食品765品目。
牛乳やお菓子などの日用品も多く、家計に響く内容となっています。
 
そんな中、連合総研が行った調査では、物価の上昇が賃金の伸びよりも大きいと答えた人が57%と6割近くになりました。
 
また自分の暮らしについて、という問いに
変わらないと答えた人は54.8%
悪くなったと答えた人は34.8%で合わせて90%
良くなったと答えた人は7%だったと公表。
 
コロナ禍からの経済回復を進める一方、急激な物価上昇がそれを妨げています。



関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる