お申込みとログインが必要です

0

プロフェッショナルの視点が身につく「塚澤真聞(しんぶん)」(2022.06.13)



元JPモルガンでトップを極めた稀代の経済アナリスト、塚澤健二氏をゲストに迎え、新聞やニュースの「本当の読み方」を学びます。

塚澤真聞(しんぶん)のしんぶんは「新」しく聞くではなく真実の「真」に聞くという文字を書きます。
ただニュースを鵜呑みにするのではなく、その裏側をしっかり見抜く視点を身につけるためのコーナーです。

※毎週配信! 塚澤健二先生の「生活防衛の教室」 番組内の「塚澤真聞(しんぶん)」コーナーより抜粋。

月額見放題コース「ゴーイチ・プレミア」にて限定公開中!
 
 

◆インフルエンザ大流行の兆し?



◆完全テレワークだったら住みたい場所は?



 (第528回生活防衛の教室より抜粋)



☆インフルエンザ大流行の兆し?

新型コロナ流行以降、めっきり減ったインフルエンザですが、今年は注意が必要になりそうです。
 
コロナ以降、2020年には感染症報告が例年の半分に、2021年にはほぼゼロに近い水準になるほど。
 
しかし、世界では増加の傾向が見え始めており、オーストラリアではちょうど今、ピークを迎えて急激な感染報告の増加が見られます。
 
2019年の年末からの3シーズン、インフルエンザへの免疫を持たない人が増えたことに注意が必要だと言われています。
 
乳幼児や高齢者、呼吸器系の疾患がある人などは特に、コロナだけではなく、インフルエンザにも注意が必要になりそうです。
 

☆完全テレワークだったら住みたい場所は?

「完全テレワークだったら住みたい場所は?」と聞かれたら、皆さんはどこを選びますか?
 
20~60代のフルタイム勤務就業者2000人を対象に実施したWEBアンケートによりますと
 
4位は沖縄で15.2%。
3位は北海道で16.6%というエリアが選ばれました。

旅行でも人気の場所であり、その考えも頷けます。
 
そして、2位は神奈川で19.1%。
1位となったのは、ダントツで東京の27.3%という結果でした。
 
東京を選んだ理由としては、交通の便が良い、買い物に困らないなど。

つまり、テレワークで家での仕事を望みはするが、地方へ引っ越すことは考えないという人が多数だということでした。
 
現実は、マイホームがあるなど、難しい環境の人もいるでしょうが、つまるところ、テレワークがしたいのではなく、出社したくない、ということなのでしょうか。
 


関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる