お申込みとログインが必要です

0

プロフェッショナルの視点が身につく「塚澤真聞(しんぶん)」(2022.06.06)



元JPモルガンでトップを極めた稀代の経済アナリスト、塚澤健二氏をゲストに迎え、新聞やニュースの「本当の読み方」を学びます。

塚澤真聞(しんぶん)のしんぶんは「新」しく聞くではなく真実の「真」に聞くという文字を書きます。
ただニュースを鵜呑みにするのではなく、その裏側をしっかり見抜く視点を身につけるためのコーナーです。

※毎週配信! 塚澤健二先生の「生活防衛の教室」 番組内の「塚澤真聞(しんぶん)」コーナーより抜粋。

月額見放題コース「ゴーイチ・プレミア」にて限定公開中!
 
 

◆マスクを外すタイミングは?



◆スマホ接触時間はテレビを超えた!



 (第527回生活防衛の教室より抜粋)



☆マスクを外すタイミングは?

「屋外で会話がなければ不要」政府は現在、そのような見解を出している。
 
今はもう生活の一部と言ってもおかしくないマスクだが、まん防が解除された頃から脱マスクの声が大きくなってきた。
 
これから夏に向かい、暑くなる時期の熱中症のリスクや、表情が見えないことへの子どもへの影響など、様々な意見が飛び交っている。

元々の日本人の気質からして、外さないという選択をする人がまだまだ多い気もするところだが。。
 
そもそも、政府に言われるまでもなく、密になるところではマスクを。そうでない場合はリスクを考えて外す。
 
そんなことを自分で考えることはできないものだろうか。
 


☆スマホ接触時間はテレビを超えた!

生活者1日あたりのメディアへの接触時間を、博報堂DYメディアパートナーズが調べた。
 
その結果、2006年調査依頼初めて、週平均テレビ143.6分を超えて、スマホの146.9分が首位となった。
 
15~69歳の男女652名から得た回答だ。
 
テレビ・スマホ・パソコン・タブレット。
全ての端末での総接触時間は445.5分となる。
 
さらに、テレビと言っても、通常の番組を見ているということでもなさそうだ。
 
テレビでのインターネット接続率は調査開始以来、初めて50%を超えた。

テレビを見ている人の半数はネット経由で動画配信サービスを利用している。
 
さて、テレビの力はいつまで持つのだろうか。



関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる