お申込みとログインが必要です

0

プロフェッショナルの視点が身につく「塚澤真聞(しんぶん)」(2022.05.30)



元JPモルガンでトップを極めた稀代の経済アナリスト、塚澤健二氏をゲストに迎え、新聞やニュースの「本当の読み方」を学びます。

塚澤真聞(しんぶん)のしんぶんは「新」しく聞くではなく真実の「真」に聞くという文字を書きます。
ただニュースを鵜呑みにするのではなく、その裏側をしっかり見抜く視点を身につけるためのコーナーです。

※毎週配信! 塚澤健二先生の「生活防衛の教室」 番組内の「塚澤真聞(しんぶん)」コーナーより抜粋。

月額見放題コース「ゴーイチ・プレミア」にて限定公開中!
 
 

◆口コミで大ブーム到来のヤクルトとは!?



◆赤字だらけの運輸事業はどうなるか?



 (第526回生活防衛の教室より抜粋)



☆口コミで大ブーム到来のヤクルトとは!?

今ヤクルトが大ブームになっているのをご存知でしょうか。
ヤクルトが販売するヤクルト1000とY1000が飛ぶ鳥を落とす勢いで売れている。
 
一見同じ商品に見えるが、前者はヤクルトレディが販売するもので、後者は小売店で売られているもの。その小売店用の商品が今や手に入らない。
 
そんな中、銀座線日本橋駅に突如現れたヤクルト店が、連日大繁盛。
ストレス緩和、睡眠の質の向上をうたい、1000億個のシロタ株(乳酸菌)を推している。

突然のヤクルトブームはいつまで続くのだろうか。
 


☆赤字だらけの運輸事業はどうなるか?

上場する全国の25の鉄道会社の昨年度決算によると、22社で赤字だったことがNHKのまとめで分かりました。
コロナ前の2019年度には赤字は1社だけだったこともあり、その影響の大きさがわかります。
 
JR東日本は2853億円
JR西日本は1443億円
JR九州は222億円の赤字となっています。
 
各社、不動産を売却したり、運賃を上げるなどの対応をしています。
 
まんえん防止なども解除され、久しぶりに電車に乗ると、その人の多さにげんなりもしますが、それでもコロナ前の水準には戻っていないとのことです。
 
テレワークの浸透も求めたいところですが、それでは困る業者もたくさんいるようです。


関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる