お申込みとログインが必要です

0

プロフェッショナルの視点が身につく「塚澤真聞(しんぶん)」(2021.12.06)



元JPモルガンでトップを極めた稀代の経済アナリスト、塚澤健二氏をゲストに迎え、新聞やニュースの「本当の読み方」を学びます。

塚澤真聞(しんぶん)のしんぶんは「新」しく聞くではなく真実の「真」に聞くという文字を書きます。
ただニュースを鵜呑みにするのではなく、その裏側をしっかり見抜く視点を身につけるためのコーナーです。

※毎週配信! 塚澤健二先生の「生活防衛の教室」 番組内の「塚澤真聞(しんぶん)」コーナーより抜粋。

月額見放題コース「ゴーイチ・プレミア」にて限定公開中!
 
 

◆岸田首相の所信表明


◆早い、安い、うまい、は謳えない?

 

 (第502回生活防衛の教室より抜粋)




岸田首相の所信表明

今日6日、第207回臨時国会が召集
財政より経済、経済よりコロナを前提にした所信表明を行った。
 
私たちの生活に直結し、実感するであろう演説のポイントは
 
ワクチン3回目の接種について
コロナ治療の飲み薬年内の承認
賃上げ企業への控除率大胆引き下げ
日本を周回する海底ケーブルの3年での完成
「デジタル田園都市国家構想」
マイナンバーカードの保険証や通帳との紐付け
 
あたりだろうか。
 
必要な支出は躊躇なく行う、との姿勢を述べた。
菅元首相のスピード感よりは実行力が見える感もあるが、どのように岸田首相は動いていくのだろうか。
 
 
 
 
早い、安い、うまい、は謳えない?
 
早い、安い、うまい、といえば牛丼が思い浮かぶことだろう。
ファストフードとして利用しているサラリーマンも数多くいるであろうこの牛丼に、かつてない危機が訪れている。
 
牛丼大手チェーンの吉野家。
その定番である牛丼並盛りが、今までの価格の10%値上げの426円に値上げされる。
これは吉野家史上最高価格。
 
現在、世界的な肉不足が問題になっており、価格の高騰が目立つ。
牛丼の材料である、米国産牛バラ肉はこの1年で1.7倍に上がっている。
 
これは吉野家に限ったことではなく、他の牛丼チェーンや食肉加工の業界の、大幅な値上げラッシュが始まることを告げている。
 
 

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる