お申込みとログインが必要です

0

プロフェッショナルの視点が身につく「塚澤真聞(しんぶん)」(2021.11.22)



元JPモルガンでトップを極めた稀代の経済アナリスト、塚澤健二氏をゲストに迎え、新聞やニュースの「本当の読み方」を学びます。

塚澤真聞(しんぶん)のしんぶんは「新」しく聞くではなく真実の「真」に聞くという文字を書きます。
ただニュースを鵜呑みにするのではなく、その裏側をしっかり見抜く視点を身につけるためのコーナーです。

※毎週配信! 塚澤健二先生の「生活防衛の教室」 番組内の「塚澤真聞(しんぶん)」コーナーより抜粋。

月額見放題コース「ゴーイチ・プレミア」にて限定公開中!
 
 

◆国民栄誉賞とは、いったい何なのか?

 (第500回生活防衛の教室より抜粋)





国民栄誉賞とは、いったいなんなのか

 
先日、見事MVPに選ばれた米大リーグ、大谷翔平選手。
イチロー選手以来の快挙で、二刀流としての結果を残した上での受賞は大きな偉業と言える。
 
そんな大谷選手に早くも「国民栄誉賞」をという打診があったようだが
大谷選手は「まだ早いので辞退させていただきたい」と返答したと言う。
 
実は、イチロー選手にも何度も国民栄誉賞の打診があったが、辞退を続けている。
国民栄誉賞に明確な基準はなく「その時の政権の思惑で授与が決まる」といっても間違いではない。
 
事実、人気の高かった小泉政権時には国民栄誉賞の授与はなく、
実質、好感度、支持率アップのために利用されている感が否めない。
 
世界のトッププレイヤーは、こんな国の思惑には収まらない、ということだろうか。
 
 

関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる