お申込みとログインが必要です

0

プロフェッショナルの視点が身につく「塚澤真聞(しんぶん)」(2021.9.13)



元JPモルガンでトップを極めた稀代の経済アナリスト、塚澤健二氏をゲストに迎え、新聞やニュースの「本当の読み方」を学びます。

塚澤真聞(しんぶん)のしんぶんは「新」しく聞くではなく真実の「真」に聞くという文字を書きます。
ただニュースを鵜呑みにするのではなく、その裏側をしっかり見抜く視点を身につけるためのコーナーです。

※毎週配信! 塚澤健二先生の「生活防衛の教室」 番組内の「塚澤真聞(しんぶん)」コーナーより抜粋。

月額見放題コース「ゴーイチ・プレミア」にて限定公開中!
 
 

◆ワクチン2回接種国内5割超える

 

◆菅首相の退陣は妥当70%

 

 (第490回生活防衛の教室より抜粋)


 

☆ワクチン2回接種国内5割超える

西村財政再生相が12日、国内のワクチンの接種を2回終えた人の割合が5割を超えたと語った。

今年2月に医療従事者への接種を開始してから約7ヶ月。
政府は希望する人への接種は今年11月までには完了する目標を掲げている。

日本はワクチン接種に出遅れている、と言われながら、アメリカの接種率をもうすぐに越す見通し。
接種が進む、イギリス、フランス、ドイツに次ぐワクチン接種国となりそうだ。

しかしながら、未だにワクチンに対する不安も拭い切れていない。

ワクチン接種を進めるのなら、因果関係のない死者が増えていることにもしっかりと目を向けていただきたい。




☆菅首相の退陣は妥当70%

日本経済新聞の世論調査で、総裁選未出馬で退陣する菅首相への評価をアンケート調査したところ

妥当だと思う、が72%
そう思わない、が22%になった。

そして菅内閣への評価。評価する、どちらかと言えば評価するが合計57%となり、6割が評価しているにもかかわらず、辞めてよかったと思う人が7割。

国民も、なにが正解だったのかわからないという内容になっているのだろうか。

同世論調査では現在、河野太郎規制改革相が若い世代に人気で少しリードしているようだが、今後、自民党総裁選はどう動いていくのだろうか。
 


関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる