お申込みとログインが必要です

0

プロフェッショナルの視点が身につく「塚澤真聞(しんぶん)」(2021.8.17)



元JPモルガンでトップを極めた稀代の経済アナリスト、塚澤健二氏をゲストに迎え、新聞やニュースの「本当の読み方」を学びます。

塚澤真聞(しんぶん)のしんぶんは「新」しく聞くではなく真実の「真」に聞くという文字を書きます。
ただニュースを鵜呑みにするのではなく、その裏側をしっかり見抜く視点を身につけるためのコーナーです。

※毎週配信! 塚澤健二先生の「生活防衛の教室」 番組内の「塚澤真聞(しんぶん)」コーナーより抜粋。

月額見放題コース「ゴーイチ・プレミア」にて限定公開中!
 
 

◆感染爆発からの重症患者最多

 

◆炎上Youtuberの仲間入り

 

 (第486回生活防衛の教室より抜粋)


 

☆感染爆発からの重症患者最多

緊急事態宣言の延長も決まり、その範囲も広がっている日本だが、毎日のように過去最多を更新している

コロナウイルスの感染者。
その中で、今までにない状況が不安を煽っている。

昨日16日でコロナウイルスの重症患者が268人となり過去最多。
今までにないのは若い世代の重症者が増えていることだ。

基礎疾患のない20代の女性が、最後の砦とも言われるECMO(人口肺)を装着する治療が行われている。

若い人は軽症、無症状で終わる、という先入観はもう捨てたほうが良いのかもしれない。



☆炎上Youtuberの仲間入り

かつてテレビ番組で人気を博しYoutuberとして成功していたメンタリストのDaiGo氏。

8月7日の公式YouTube生配信で生活保護やホームレスにに対し命を軽んじる発言をして大問題へと発展した。

最初は強気の姿勢を見せていたDaiGo氏だが、出演しているCM会社の謝罪と起用自粛の発表から態度を一変。

いわゆるスポンサーからの事実上のクビ宣告。
イメージが大事な芸能業界で共演するタレントもおそらくいなくなると、DaiGoの姿を見ることもなくなるかもしれない。
 


関連コンテンツ

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる